PR活動とは

HOME > PR活動とは

PRって何?

まず、PRとはそもそもどんなものなのか、という点についてご説明します。現代では、日常的に「PR」という略語としての言葉を使用していますが、多くの場合、「自分の宣伝をする」ということと同じような意味で使われています。
しかし、PRの語源を辿るとPublic Relations (広報)を示しており、本来のその意味は 「組織と社会・企業を取り巻く人々との関係に関する考え方、コミュニケーション活動のあり方」を示すことになるのです。

PRとは、自分のことをよく知ってもらい、良好な関係を作るための情報発信

以上をふまえて企業PR・商品PRを考えてみると、

企業PR →自社の事をよく認識してもらい、クライアント等と良い関係を結ぶ為の情報発信 商品PR →商品について良く知ってもらい、良いイメージを持ってもらう為の情報発信

となります。PRの目的を理解していると実際の文章を作成するときに必ず役立ちますので是非ご理解下さい。

PRの対象

続いて、PRはどういう人達に向けて発信するものか、をご説明します。PR活動の対象はステークホルダーと呼ばれる人達が中心となります。ステークホルダーとは、消費者・従業員・クライアント企業・取引先企業・投資家・リクルーター・地域住民など、利害関係のある人や組織・社会全般を指します。ステークホルダーに企業や商品などをよく知ってもらい、良好な関係を築くための情報発信なのです。

PR(広報)と広告宣伝の違い

現状では、PRとは広報だけでなく広告宣伝も含めた両方の意味が含まれているケースが多く見られますが、実際にはその内容に違いがあります。

必ずしも両者の違いが明確に分かれるものではありませんし、両者は緊密に連動しあうものではありますが、PR活動のほうがより長期的・広範囲におよぶものである、ということは言えるかもしれません。

PRの必要性

広告宣伝とはちがう、PRの必要性についてご説明します。

PRを継続的におこなうことにより、消費者からの注目度・評価が向上

この信頼・信用の醸成や、企業ブランドの確立がPRの大きな目的となります。

現代のPR手法

インターネットが普及する以前、従来のリリース情報は主に、4大マスメディア、新聞・ラジオ・テレビ・雑誌を対象としていました。4大マスメディアを中心とした情報発信である為、内容は主にIR情報、新製品情報、業務提携情報など、マスメディアが取り上げやすい大きな出来事が大多数でした。

しかしながら、急速にインターネットが普及し始めた現代ではユーザー一個人がほしい情報をほしいときに手に入れることができる環境である為、4大マスメディアを対象とした情報発信だけでなく、個人ユーザーを含む社会全体を対象とした情報発信ができるようになりました。これにより情報発信の速度・内容に大きな変化が現れたのです。情報内容は、調査活動・社内活動・製品ランキング情報・売れ筋情報・社内指標・ニッチ商品・キャンペーン案内・イベント告知・セミナー告知など様々な情報へと変化しています。

インターネット上での情報発信のメリットは以下のとおりです。

まとめ

PR EXPRESSは、大きく様変わりするPRの位置づけの中で、日中両国のPR情報リリースサイトとして、より効果的にPR配信が可能なプラットフォームを提供し続けることで企業様のお役に立てることを目標としています。

MAIL ADDRESS
PASSWORD
次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方

IT/金融専門人材紹介はジョブドリームへ ビジネスカレンダーへ 農業婚活サイトへ 婚活カレンダーへ チーム-6%サイトへ

「ネットPR」で検索
このページのトップ